ページの先頭です

自称、坐骨神経痛です

メンタルと痛みの専門院
メンタルボディケア吉祥寺の中尾です。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

本日は、自称、坐骨神経痛です という患者さんのお話です。

画像の説明

70代前半の男性、両側のお尻から太ももの裏側の痛みとしびれを訴えてご来院。

座っている状態から、歩くとすぐしびれてくるそうです。

自称、坐骨神経痛ということで、嫌いな病院には行ってません。

客観的に両側に坐骨神経痛」が発症する場合は、ごくごくまれです。

坐骨神経痛の場合、ほぼ一側にしびれが発症します。

本日の患者さんは「筋筋膜痛症候群」といって、筋肉を覆っている「膜」にしびれを感じている可能性が高いです。

もう一つ、「脊柱管狭窄症」の疑いもなくはないですが、
歩いていてどんどん痛みが増すわけではないので、
「筋膜痛」と仮説して良いでしょう。

坐骨神経が悲鳴をあげているのか、
筋膜が悲鳴をあげているかの違いですが、
筋膜の症状の方が比較的治りは早いです。

少し難しい専門用語を書きましたが、
施術するのに特に診断名は関係ありません。

もし、西洋医学領域(骨折や腫瘍など)と判断したら、病院をご紹介する流れがあるくらいです。

坐骨神経痛」というネーミングは一般的につらい症状となっているので、
本日の患者さんは「坐骨神経痛」ではないかとご心配のご様子でした。

そのような方には、重い症状ではないという説明はするようにしています。

改善するための何よりの敵は『恐怖心』であるわけですからね。

3回の施術で痛みとしびれの軽減。

痛みレベルvasは、5/10⇒1/10まで下がりました。

年齢的に仕事の量を減らし、運動することもなく、
歩くことも控えていたので、体重も増え体力もグッと落ちていました。

少し体を動かすだけでも「はあ、はあ、」して、
簡単な骨体操もとてもしんどそうでした。

画像の説明

「骨体操」は設定回数を20回のところを5回に減らしてでも
動かした方が治りが良いのでやっていただきました。

とにかく多少痛くても施術後は歩いて頂きました。

その結果、痛みが少ない回数で改善することができました。
ご本人もたいへん喜んでいらっしゃいました。

今日もひとり笑顔になれて良かったです。

画像の説明

インフォメーション

腰痛・坐骨神経痛専門院 吉祥寺腰痛改善センター

メンタルボディケア吉祥寺

お問い合わせ・ご予約:0422-23-2200

※電話では、「はい、メンタルボディケア吉祥寺です」と出ますので、「ホームページを見て予約したいのですが」とお伝えください。

※スケジュールは、セミナーその他の理由で変更する場合があります。

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-12-3F 吉祥寺駅北口徒歩3分
大きな地図で見る
※吉祥寺駅から当院までの道すじが見れない場合は「更新ボタン」を押すか、「大きな地図で見る」を押してください。
中道通りに入り30メールの雑貨屋『B-company』を右へ。すぐ左の1階に雑貨屋「カーニバル」があるビルの3階が当院です。

吉祥寺での改善実績第1位

最新情報

友だち追加

クライアントの声

  • クライアントの声施術を受けた方の喜びのお声はこちら

初めての方へ

改善している症状

ご案内

施術者の紹介

症例別ブログ

インフォメーション

メンタルボディケア吉祥寺
ご予約・お問い合わせ
TEL:0422-23-2200


9:30~20:00(土日祝も営業)

木曜日

東京都武蔵野市吉祥寺本町
2-10-12-3F
吉祥寺駅北口徒歩3分

Web予約はこちらから

当院からのお知らせ

2016/08/02
メンタルボディケア吉祥寺のホームページをリニューアルしました。今後とも宜しくお願いいたします。

メンタルボディケア吉祥寺

Copyright© 腰痛・坐骨神経痛専門院 吉祥寺腰痛改善センター All Rights Reserved.