ページの先頭です

年末年始に多いぎっくり腰

メンタルと痛みの専門院
メンタルボディケア吉祥寺の中尾です。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

本日のテーマは、年末年始に多いぎっくり腰。 です。

画像の説明

年末年始にぎっくり腰が多くなる理由は、
ホームページにも詳しくご紹介させて頂いておりますが、
⇒(なぜ、あなたはぎっくり腰になるのか?)
今年の年末も通常の5倍ほど多かったです。

この時期に多くなる理由を簡単にいうと、

『心身と環境のギャップ』です。

心身とは、「心」と「体」のことです。

心と体に柔軟性がないと、ぎっくり腰になりやすいのです。
背骨のズレや骨盤の歪みでぎっくり腰になるわけではありません。

私たちほとんどの人が、毎日同じようなリズムで動いています。

そのパターン化+心身のストレスで、脳が誤作動を起こし、
『心身を固く』させてしまうことがあるのです。

年末は、パターン化(心身の固執度)の強度が上がり、
そこから急に変化を体感することになるので、
ぎっくり腰が起きやすくなるのです。

例えば、

・年末多忙により長時間に座位姿勢 ⇒ 休みになって急に活動するギャップ
・冷たい外から ⇒ 急に暖かい部屋への寒暖差のギャップ
・普段の掃除の小さな動き ⇒ 大掃除の大きな動きのギャップ
・家族や職場のいつもの対人ストレス ⇒ 実家に帰って昔からの対人ストレスのギャップ (例、親から言われたくないことを聞かされるストレス)
・いつもの軽い運動量 ⇒ 瞬発的で激しいウィンタースポーツのギャップ
・師走で多忙なクイックモード ⇒ 休みでホッとしてゆっくりモードのギャップ

このように、体だけではなく、
メンタルのギャップ
ぎっくり腰を誘発するのです。

ぎっくり腰にならない人は、
普段から体をよく動かして、
心にも柔軟な心構えがある方です。

なぜ、『ぎっくり腰』なのかは、
座り仕事や中腰などで、
普段から腰に負担がかかっている人が多いから、
起こりやすいというだけです。

人によっては、
ぎっくり首、風邪、発熱、胃腸炎、頭痛、関節痛など、
その人の弱い所に症状が発症しやすい時期ということですから、
ぎっくり腰に限るわけではありません。

『体を普段から動かす』のは、分かると思いますが、
『心の柔軟性』とは、普段からどうすれば
良いか分かりにくいですよね。

『パターン化』なんて日常生活で当たり前になるわけですし、
そもそも無意識で勝手に思考が固くなってくるものを
どうコントロールすれば良いか分かりません。

『心の柔軟性』とは、
潜在的に『快感』『心地よさ』『幸せ』『楽しさ』を感じている状態です。

年末多忙で長期間、気持ちに余裕がない方は、
無意識に思考が偏り、心の柔軟性が無くなってきます。

こうなると要注意です。

それでは、どうすれば良いのでしょう。

次回へ続く。。。

画像の説明

インフォメーション

腰痛・坐骨神経痛専門院 吉祥寺腰痛改善センター

メンタルボディケア吉祥寺

お問い合わせ・ご予約:0422-23-2200

※電話では、「はい、メンタルボディケア吉祥寺です」と出ますので、「ホームページを見て予約したいのですが」とお伝えください。

※スケジュールは、セミナーその他の理由で変更する場合があります。

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-12-3F 吉祥寺駅北口徒歩3分
大きな地図で見る
※吉祥寺駅から当院までの道すじが見れない場合は「更新ボタン」を押すか、「大きな地図で見る」を押してください。
中道通りに入り30メールの雑貨屋『B-company』を右へ。すぐ左の1階に雑貨屋「カーニバル」があるビルの3階が当院です。

吉祥寺での改善実績第1位

最新情報

友だち追加

クライアントの声

  • クライアントの声施術を受けた方の喜びのお声はこちら

初めての方へ

改善している症状

ご案内

施術者の紹介

症例別ブログ

インフォメーション

メンタルボディケア吉祥寺
ご予約・お問い合わせ
TEL:0422-23-2200


9:30~20:00(土日祝も営業)

木曜日

東京都武蔵野市吉祥寺本町
2-10-12-3F
吉祥寺駅北口徒歩3分

Web予約はこちらから

当院からのお知らせ

2016/08/02
メンタルボディケア吉祥寺のホームページをリニューアルしました。今後とも宜しくお願いいたします。

メンタルボディケア吉祥寺

Copyright© 腰痛・坐骨神経痛専門院 吉祥寺腰痛改善センター All Rights Reserved.